お熨斗についての豆知識

 

  蝶結び 結び切り とは

蝶結び のし紙のマナー 蝶結びはその形から、何度あっても良いことの場合に使います。一般的な贈答に用います。
結び切り のし紙のマナー 結婚や、弔事など、二度あってはならない事に使います。

 

表書き 贈る側として

結婚祝
寿/御結婚御祝/御祝
出産祝
御安産御祝/御出産御祝/祝出産/御祝
宮参り
御宮参御祝/御祝
初節句
御初節句御祝/祝初節句/御祝
七五三
七五三御祝/御祝
入園・入学・進学・卒業・就職祝
御入園御祝/御入学御祝/御進学御祝/御卒業御祝/御就職御祝/御祝
成人式
御成人御祝/祝御成人/御祝
長寿祝
寿福/御祝(61歳…祝還暦、70歳…祝古稀、77歳…祝喜寿、80歳…祝傘寿、88歳…祝米寿、90歳…祝卒寿、99歳…祝白寿、100歳…祝百寿)
病気見舞
御見舞
新築祝
新築御祝/御祝
葬儀
御霊前
 熨斗なし、結び切りのかけ紙をかけることが大前提。表書きは、仏式なら「御仏前」、神式なら「御神前」などですが、宗教問わず共通で使用できるのは「御霊前」です。ただし蓮が描かれているかけ紙は仏式ですので、亡くなった方の宗教が不明の場合は模様なしの「御霊前」が無難。

表書き お返し側として

結婚祝
寿
出産祝・宮参り・初節供
内祝
  ※名前は子供の名前を記載
入園・入学・進学・卒業・就職祝い、成人式
内祝
長寿祝
内祝
 百寿(還暦・古稀…)内祝
病気見舞
快気祝/全快祝/内祝
新築祝
 内祝
葬儀